冬の空

冬の朝、東の空がうっすら桃色に染まっていて

世の中にそんなに優しい色があったのかと

驚き、その数分の輝きに瞳を濡らす